日本人の食物繊維不足を補うために開発

フィットライフコーヒーにたくさん含まれている食物繊維は、難消化性デキストリンと呼ばれるものです。食物繊維は、血糖値の上昇を抑えるのに有効である以外にも、様々な健康作用が持ち合わせていることがわかっています。ところが、残念ながら私たち日本人は、近年の食習慣の欧米化によって野菜摂取量が減り、食物繊維不足に陥っていると言われていて、このままだと血糖値が高くなり、糖尿病を発症する方が増えてしまうことから、ますます食物繊維の重要性が増してきたのです。そんな中、日本人の食物繊維不足を補うために開発されたのが、何を隠そうこの難消化性デキストリンなのです。

とうもろこしから抽出した水溶性食物繊維

食物繊維には、水に溶けやすい水溶性食物繊維と水に溶けにくい不溶性食物繊維の2種類に分けられます。難消化性デキストリンは、水溶性食物繊維に分類され、体内では消化されずに排出されます。αグルコースとグリコシドが結合してできた難消化性デキストリンは、とうもろこしの食物繊維を抽出して作り出した食物繊維で、食事によって体内に摂り込んだ糖の吸収速度をゆるやかにする働きがあります。また、無味・無臭なので様々な食品加工に使用しやすい素材でもあり、とても重宝されています。

糖の吸収速度をゆるやかにして血糖値の上昇を抑える

難消化性デキストリンは、体内に摂り込んだ炭水化物が糖に分解されて小腸で吸収されますが、この糖が吸収される際の吸収速度をゆるやかにして遅らせる働きがあります。そして、糖の吸収速度がゆるやかになれば、食後の血糖値の上昇を抑えることができ、糖尿病の発症リスクを減らすことにもつながるのです。この効果は、難消化性デキストリンをたっぷり含んだフィットライフコーヒーを飲みながらあんパンを食べる臨床実験ですでに証明済みです。さらに、難消化性デキストリンには、糖の吸収速度を抑制する以外にも、整腸作用・脂肪の吸収速度の抑制・内臓脂肪の減少・ミネラルの吸収促進など働きも持ち合わせています。