菊芋にはイヌリンとういう成分が含まれており、インスリンのような働きをするため血糖値を下げる効果があると言われています。でもスパーで探しても菊芋なんてめったに売ってません。そんなに効果があるなら試してみたいじゃないですか?

でも菊芋の流通量はとっても少なく、食卓に流れる量も限られているそうです。残念!しかし、菊芋はサプリメントやパウダー(健康食品)となって発売されていることが分かりました。色々と調べていると糖尿病の主治医が数値に驚いたサプリ!というのを発見。それが・・・前田の菊芋サプリ

この菊芋サプリには、糖が体内に吸収されるのを抑制し、血糖値やHbAIcを下げる効果があります。

ということで早速、通販で取り寄せ居て飲んでみることにしました。

ちなみに公式ページでは、以下のような驚きの口コミ情報も紹介されていました。

主治医が驚いて「インスリン打たないで!」と、電話をかけてきた! 20代から家系的に糖尿病だった岡田様(45歳) 

私は元来糖尿の家系で、両親共に糖尿が原因ですでに他界しています。また三人兄弟の中でも長男以外は糖尿です。私の場合は20代の頃から既に血糖値が空腹時250mg/dl程度(以後血糖値は全て空腹時の数値です)
になり38歳の時には400mg/dl程度迄上がってしまいました。その頃からインシュリン注射を射ち続けています。
今では6単位ずつ朝と夜の2回インシュリンを射ちその他にも薬を飲まなければなりません。それでも今年の2月には血糖値が258mg/dlから下がらなくなり医師から「このままでは5年以内に必ず心筋梗塞を起こして死んでしまいます。紹介状を書くのですぐに某有名大学病院に入院しなさい」と言われました。
しかし一度入院すれば最低でも3~4週間は仕事もできないしとても入院などしていられないと消沈していました。
私は糖尿になってから食事は一日1600キロカロリーにして毎日2~3kmは歩くようにはしていましたが「菊芋」を飲み始めてからはあまり疲れなくなった気がしています。3ヶ月後に検査を受け結果を楽しみにしていました。1週間後に結果を聞きに行く予定でしたが、検査2日後に病院から電話があり今すぐにインシュリンを止めるようにとの事でした。驚いた事に血糖値が258mg/dlから50mg/dlに、中性脂肪が2097mgから118mgに一番くせものと言われていたヘモグロビンAICまでもが10.1%から7.9%という値になってました。
(右図参照)
今回の検査後医師から一日の摂取カロリーを1600から2000キロカロリーまで上げて良いとお墨付きを戴きとっても元気な気分になりました。私は食べたいものも食べられないと言うことは何事にもやる気が出ないという事でした。今では週一度は外食して好きなものを食べています。
昔の最悪の自分を思い出すと嘘のようです。これからもずっと続けていくつもりです。今後インシュリンや薬に頼らない生活が出来るかもしれないという希望に胸がいっぱいです。

まだ飲み始めて1週間しか経っていないのですが、途中経過を報告すると空腹時の血糖値は平均で100以下になりました。食後の血糖値は、あいかわらず高くて160~170くらいに上昇します。この数値が、サプリメントでどこまで下がるのか?試してみたいと思います。続きは1か月後に更新しますね。