菊芋・・・現在ではあまり聞いたことのない芋の名前ですが、戦後の食糧不足の時には栽培が推奨されていた野菜なんです。

とここが、菊芋は繁殖力が高く、いろんなところまで繁殖してしまい荒らしてしまうので、その後は育てないようにと雑草扱いされるようになってしまったそうです。

ところが、現代になって、この菊芋が糖尿尿予防に期待ができると言われていて再び注目されているのです。

糖尿病予防にと注目されるようになった原因は、菊芋に含まれているイヌリンという成分です。

一般的にイモ類には糖質が豊富に入っています。

糖質がたくさん入っていると食べ物を摂取すると、血糖値を急激に上昇させてしまいます。

そのため、血糖値が気になる方は避けている食材の一つです。

ですが、菊芋は他のイモと比べてデンプン質が少ないため、摂取しても血糖値が穏やか上昇するのでインスリンの分泌を抑えることができるのです。

そんなことから、糖質の数値が気になる人にもおすすめの食材なんです。

しかし、さらにイヌリンには血糖値を下げる働きがあると言われていて注目されているのです。

また、イヌリンにはその他にも水溶性食物繊維が豊富にふくまれているので、腸内環境をキレイに掃除してくれる効果にも期待されているのです。

菊芋の収穫期は11月ごろから3月ごろまでですが、あまりスーパーで見かけませんよね。

でも安心してください!イヌリンが含まれているサプリメントが色んな会社から販売されているので、それを活用して上手に血糖値をコントロールするといいかもしれませんね。